1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災をきっかけに「困ったときはお互いさま」の心で海外の被災地支援を行っています。
災害時の支えあい・学びあいを通して地球の市民どうしのつながりを築いています。
団体ロゴ

最新ニュース
世界の災害情報はこちら 現行プロジェクト進捗は各ブログでチェック!

ネパールで大規模な地震災害が発生しました


地震により倒壊した家屋
2015年4月25日11時56分(日本時間・15時11分)ネパール首都カトマンズの北西約80kmでM7.8の地震が発生しました。6月9日時点で約8900名が亡くなっています。(AP通信)CODEは56回目となる救援活動を開始しました。救援レポートはこちらから。クレジットカードでのご寄付はこちらから。

アフガニスタンで雪崩災害が発生しました


アフガニスタンは
毎年雪に覆われます
2015年2月24日、25日にアフガニスタン北東部で大雪に伴う大規模な雪崩災害が発生しました。
これまでアフガニスタンとの関係を築いてきたCODEは55回目となる救援活動を開始します。
        

日中NGOボランティア研修 若者報告会&ワークショップ
                    開催のお知らせ

今年3月、6名の若者が四川大地震被災地を訪れました。CODEでは若者と育ち合うをテーマに次世代のNGOを担う若者の成長を目指しています。また日中のNGOの連携を深め、互いに支えあう関係を築いて行きます。6月には第2回として3名の中国のNGOスタッフが日本を訪れ、日本の災害やまちづくりについて学びました。昨年末にスタートした「CODE未来基金」のサポートで被災地を訪れた若者による研修の報告、そしてそこから感じた課題や気づきに関するワークショップを行います。皆様ぜひご参加ください。
【日時】2015年7月12日(日)18時00分~20時00分
【場所】こうべまちづくり会館 多目的室
【主催】CODE海外災害援助市民センター
【共催】こうべまちづくり会館
【参加費】無料 
【お申込】当日参加も可能ですが、人数把握のためできれば事前にCODE事務局宛にご連絡ください。

月イチ★シリーズ「食と国際協力」第15 回

CODEでは毎週第3木曜日に「食と国際協力」を開催しています。食を通じて国際協力、世界に国々を感じてみませんか。7月16日(火)18時から開催する第15回のテーマは「ネパール」です。今回は4月25日に発生したネパール地震でCODEは56回目となる救援活動を開始しました。その中で神戸在住ネパール人のラクパ・シェルパさんとともにラクパさんの故郷であるSolkhumbu郡Gudel村、Maure村にテントを送る「CODE 3000 プロジェクト」を行いました。今回の食と国際協力ではラクパさんをお招きしてネパールの文化や風土についてお話を聞きます。ぜひご参加ください。
【日時】2015年7月16日(火)18時~19時30分
【場所】CODE事務所
【参加について】参加費500円(軽食含)/懇親会300円
        ※なるべく事前にお申し込みください。




これまでのCODEの救援プロジェクト
-33の国と地域で活動!


より大きな地図で MAP を表示
5月2日に起こったアフガニスタン地滑り災害では、54回目となる救援プロジェクトを行っています。各救援プロジェクトの詳しい内容はブログにて発信をしております! 詳細を見る