1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災をきっかけに「困ったときはお互いさま」の心で海外の被災地支援を行っています。
災害時の支えあい・学びあいを通して地球の市民どうしのつながりを築いています。
団体ロゴ

ネパール地震救援プロジェクト(継続)

災害概要&地図


◆災害の概要
・発生日時:2015年4月25日11時56分
             (現地時間)
・震源:ゴルカ郡サウラパニ深さ15km
・地震の規模:マグニチュード7.8
・死者:8857名
・倒壊家屋:60万2567棟
・損壊家屋:28万5255棟
・余震:5月12日、M7.3の余震が発生                         

プロジェクト内容

(1)CODE 3000 プロジェクト
CODEは地震直後より現地へスタッフを派遣し、情報収集を行いました。その中で、神戸在住のネパール人の ラクパ・シェルパさんの参加しているシェルパ族コミュニティ「Gudel Sherpa Community」の方々の故郷であるソルクンブ郡グデル村も5月12日の余震で大きな被害を受け、支援が入っていないことがわかりました。グデル村は近隣の町から2、3日歩かなければならない標高3000mの山村です。グデル村では多くの家屋が倒壊していますが、雨季をしのぐためのビニール・テントは支給されていませんでした。そこでCODEはラクパ・シェルパさんやコミュニティと協力し、グデル村の被災した世帯に雨から家族と家財を守るためのビニール・テントを1口3000円で200枚送る「CODE 3000 プロジェクト」を行いました。多くの方にご協力いただき、6月には目標としていた200口に達し、コミュニティを通じて村の方々にテントが配布されました。


(2)シェルパ族の村への耐震住宅再建
CODEはテントを提供したグデル村で引き続き耐震住宅再建支援を行うことを決定しました。このプロジェクトの特徴は次の5つです。
 
1.辺境でアクセス困難な支援の届いていない地域である。
 このグデル村は、もっとも近い町から徒歩で2~3日かかり、外部からの支援はまったく入ってい
 ません。

2.少数民像シェルパ族の村である。
 ヒマラヤトレッキングのポーターとして知られるシェルパ族はネパール全人口の0.5%で、標高
 3000m前後に約3500人が自給自足の生活をしています。

3.カトマンズとグデル村の2段階方式の支援。
 第1段階として、カトマンズで日本、ネパールの専門家の方たちとともに耐震のモデルハウスを建
 設します。その際にグデル村の大工や石工にも技術を学んでもらう学校のような場を作ります。
 第2段階で、技術を学んだ大工たちが村で住宅を再建し、耐震を普及していきます。

4.現地で調達可能な木や竹、石などの資材を活用した持続可能な耐震住宅の普及。
 グデル村はアクセスが非常に厳しい事から現地で資材を調達しなければなりません。地産池消の
 ようにその風土にあったもので耐震住宅を再建する事が持続可能な暮らしへの第一歩になりま
 す。

5.シェルパ族の村の自立に向けた中長期的支援
 シェルパ族のコミュニティのメンバーは、観光や農業などを使った発展の道を模索していま
 す。CODEはこのコミュニティを通じて村の自立への道を中長期的にサポートしていきます。

ネパール地震に関するCODEのブログ

続きの記事はこちら

コラム&ライブラリ

準備中
 

CODEについて
CODEとは
団体概要
CODEの歩み
事業報告
CODEの活動
現在のプロジェクト
過去のプロジェクト
活動レポート・ブログ
 World Voice
 災害を忘れない
ご協力方法
会員になる
寄付する
ボランティアする
勉強会を開く
イベント・ライブラリ
イベント・寺子屋
ニュースレター
10周年シンポジウム
リンク
アクセス
現在のプロジェクト
アフガニスタン
中国四川省
ハイチ
中国青海省
フィリピン